先端的医療検査機器

より鮮明な画像を、より迅速に正確なシステム化を実現
当院では、画像診断装置を全てデジタル化。
マルチスライスCT(64列)、1.5T MRI装置、骨密度測定装置、マンモグラフィ、CRシステム(VelocityU PROFECT)、3DワークステーションZAIO等を設置、一般撮影装置も含め、全て下図に示す通り大学病院や大規模病院に匹敵する設備を導入し、地域の先生方にも有効にご活用いただけます。
又、放射線科専門医に依る読影支援も承っております。画像は、フィルムだけでなく、CD-R等のデジタルデータでの受け渡しも可能です。


豊岡第一病院フルデジタルネットワーク図
豊岡第一病院フルデジタルネットワーク図

CT

東芝 Aquilion Multi 64列with ZAIO
マルチスライスCT装置は1回の撮影で複数の断層像が得られるため従来のシングルスライスCT装置(1回の撮影で1断面)に比べて高速な撮影が可能であり、その臨床的な有用性と患者様の検査における負担軽減ということにより国内で急速に普及しています(2,000台以上)。しかし、いままでの装置は16列が上限で、その撮影スピードは「心臓検査」には充分とは言えませんでした。64列マルチスライスCT装置は「最速型の装置」で心臓検査まで行える最新型の装置です。

64列マルチスライスCTとは
1回のスキャンで64スライスを同時に撮影できるマルチスライスヘリカルCTです。世界初の3万素子をもつ検出器により、マルチスライスCTのスピードと分解能が飛躍的に向上しました。例えば、30cmの肺野をスキャンすると従来のシングルヘリカルCTでは20~30秒かかるところを、今回導入した64列マルチスライス CTでは5~7秒でスキャンが終了します。

AquilionマルチスライスCTの特長
(1)全身における血管撮影が行えます。
心臓・血管の高精細な画像撮影
息止め5~7秒でカテーテル挿入のリスクなしに心臓の血管の状態が検査できます。
・冠状動脈(石灰化、プラーク、ステント)
・心筋評価
・広範囲大動脈撮影
(2)胸部、腹部高精度撮影
・肺がんの早期発見
・腹部腫瘍の良性・悪性診断
(3)従来のCTで行われている検査は全て可能で、高速撮影により患者様の負担及びX線被爆を著しく低減させます。
(4)歯科領域での検査にも適用できます。
(5)横断面のみではなくMRIのように冠状面、矢状面の画像を作成できます。


頭部
(外傷性脳内出血)

胸部

脳血管

大動脈

心臓

心臓

脳血流解析


心臓

下顎

デンタル

インプラントの埋込等の歯科治療には深さと方向の確認のために、当院のMDCTは大変有用です。

MRI

東芝EXELART with Pianissimo 1.5T
磁気を利用して体の断層画像を撮影する装置です。静音化技術を採用して、従来機種の1/10に騒音を軽減、または以前の0.5テスラMRIの1/2の時間で撮影が可能になりました。造影剤を使用せず、短時間で血管を描出できます。放射線を使用しない為被爆の心配もありません。


頭部MRA

頸椎サジタル像

腹部MRCP
マンモグラフィ

AMULET Innovality(FUJIFILM社)
当院では最新のフラットパネル方式デジタルマンモグラフィシステムを導入しました。AMULET Innovality 革新(Innovate)技術でマンモグラフィ検査の品質(Quality)を追求しました。a-Se直接変換FPDを搭載し、低線量化を実現、また新画像解析技術を搭載したi-AECの併用で乳房ごとの線量最適化を実現しました。 AMULET Innovalityで質の高い検査と診断画像を提供します。
当院はマンモグラフィー検診精度管理中央委員会が認定した施設画像認定病院であり、当委員会より認定を受けた医師及び診療放射線技師が診察並びに撮影を行っています。


乳房
骨密度測定装置

DISCOVERY(ホロジック社)
当院では、信頼性が高く、全世界で活躍する米国ホロジック社の骨密度測定装置Discoveryを導入。「骨粗鬆症」の検査が簡単・安心・高精度に行えます。腰椎や大腿骨の骨折で、寝たきりにならないためにも、毎年の定期的な検査をおすすめします。 高度な測定機能により約5分で必要な撮影を行うことができ、最新の画像処理により、正確で分かりやすい解析表示を行います。

DR

デジタルX線TVシステム (日立社製)
デジタル方式のX線TV装置です。最新鋭の装置により、先鋭どの高い画像を少ないX線量で得ることができ、一度に透視・撮影できる範囲が大幅に広がったため、検査時間の短縮が可能となりました。胃・大腸・泌尿器など各種造影検査に有効です。


一般撮影機
超音波診断装置

東芝 Aplio XV
フルデジタル超音波診断装置です。
最新式の高画質・高感度のプローブを採用しており全身対応(心臓・頚動脈・腹部)の超音波診断装置です。

内視鏡

オリンパス社製 EVIS LUCERA SPECTRUM
「微小病変の発見」
内視鏡検査における最大のポイントです。
この最新のハイビジョン化された消化器内視鏡システムは、精細明瞭に映し出すだけでなく、
先進オプトデジタルテクノロジーによって『光デジタル法による画像強調観察』も可能になりました。
これにより診断に必要な粘膜表層の血管構造や微細模様などを高いコントラストで描出することが可能です。
また、内視鏡が苦手な方でも検査を受けていただけるよう、苦痛軽減の為に極細の内視鏡『経鼻内視鏡』も導入しております。

微小侵襲手術内視鏡

オリンパス社製 VISERAシステム 2台(整形外科1台、外科1台)
当院では安全な内視鏡手術環境を提供するため、オリンパスVISERAシステムを導入しております。
高解像同時式CCD、配光性に優れたシステムは画面の隅々まで綺麗に手術映像を映し出します。

また各診療科で共有可能な本システムは、手術室内での取り扱いを共有することができ、
統一されたオペレーションで患者様をお迎えする事ができます。